スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目減りするもの

目減りするもので戦ってはならない。これは私が繰り返し伝えようとしている内容ではある。戦うという表現が剣呑であるなら、目減りするものだけに頼ってはならない、と言っても良い。

加齢とともに「確実に」衰えるものとは何か。それが「目減りするもの」である。筋肉のみ、美貌のみ、高音域が出る声のみ、大量に食料を食べることができることのみ。基本的に「肉体」のみを用いるタイプのものが、加齢とともに目減りするものの代表格である。あるいは、知識的なアーカイブ「だけ」のような状態もまた、たとえばコンピュータによって代替可能になり得る。これも目減りしていくタイプのものである。単なる物知りなど、大して使いようが無い。

投資家の場合を考えてみる。目減りしていくことが確実なものには投資をしない。「今後も成長を続けるもの」に投資をする。だから、目減りしていくものについては「レンタルする」。購入などしない。古くなったら新しいものに替えれば良いのだから、いつでも変更できるよう、身軽な状態をキープしようとするはずである。職場にある多くの機材は「リース」であろう。コピー機などの電化製品など明らかに「消耗品」である。そういうものはレンタルするに限る。そういうことである。

筋骨隆々としていて重いものを運ぶことに長けている「だけ」の男は、労働力としてレンタルすれば十分である。若くて綺麗な女の子な「だけ」であれば、それもレンタルで十分である。正規雇用する必要などない。もちろん付加価値として筋肉や美貌がついているのであれば、それは「お買い得」ではあるが、真の投資対象は知性と感性である。

これを結婚に置き換えても良い。見目麗しい「だけ」の女性を、大金持ちの男が結婚相手として選ぶかどうかを考えた方が良い。美しさはあくまでも付加価値でしかない。本体がなければならない。

失明したとしても、その人と一緒に居たいと思えるだろうか。『春琴抄』ではないが、それなりに良く用いられるたとえではある。ただこれは、結婚であるとか誰と付き合うかであるとか、そういったことを考える際には非常にわかりやすい。表情にその人の生き方が出ることは確かではあるが、それよりも声質、用いる言葉、そういったものの方にはるかに出やすい(というか、隠しにくい)。脳の情報処理過程を見ても人間は視覚情報に頼りすぎている。逆に言えば、そちらが「誤魔化される」影響を最も強く受けるシステムでもある。そちらを一旦脇においておく必要はある。

もちろん、目減りしていくタイプのものを全く用いないというのでは話にならない。あるものはフル活用する必要がある。それが、手札をうまく使うということでもある。しかし、使い勝手が良い、時間限定の、目減りしていくだけの「ジョーカー」だけを用いていたら、他の手札は何も使われず、使い方さえ知られることなく終わる。気づいたときにはもう遅い。たいてい、期間限定のものがなくなってから気づく。「若さ」を失ったとき、目減りしていかないタイプのものを「増殖」させていなかったことに気づく。

「若さ」は、そのまま武器として使うのではなく、目減りしていかないタイプのものを「増殖させるため」に用いなければならなかったのである。具体的に言えば、「視力」が整っているうちに本を読むことであったり、「長距離歩いても大丈夫」なうちに様々な場所を見に行っておくことであったり、ということにはなるのだろう。どんな本でも良いわけではないし、どんな場所を見ても良いわけではないから物事はそう単純ではないが、たとえばそういうことである。

私は良く、「容姿の上にあぐらをかく」という言い方をしていた。特に私自身が大学生の頃、見た目が格好いい男、パッと見が綺麗な女性、そこ「だけ」で、目減りしていかないタイプのものを一切磨こうとしない傲慢な男女を見て思っていたことだった。そして自分もその仲間の一人なのではないかと感じ、戦々恐々としていた。そして、もがいていた。

学ばなければならない、自分自身に「投資」しなければならない最大のものは、「誰かを愛すること」なのである。たいていの人は、目減りするもの、多くの場合は肉体を「誰かに愛されること」のために用いてしまう。これが最大の敗因である。

「今後成長する」とは、「今後成熟する」ということである。愛されること「のみ」を求める人とは、小さなお子さんである。誰かを養育することができるものだけが、後進を育むことができる。そして、それを大人と呼ぶ。養育するとは、与えることである。身体的に慈しむということは必要であるが、与えるものは智慧であっても、感性であっても良い。場合によっては知識や技術というものは必要であるが、特にコンピュータが発達している現在、これらは代替が可能である。「自習」できる。そのため、「知識を得る方法そのもの」であったり、「技術の見つけ方」であったりするものを伝える必要があるのだろう。

Googleで検索できないものをどれだけ与えることができるのか。他の「若い子」に交換できないものは一体何なのか。

これをどれだけ自問したのか、どれだけもがいたのかが、その人の「他者を愛する能力」を決定する。だから、元来体格が良かったり、美貌を持って生まれている人は「ハンデがある」とも言える。体格がそこまで整っていなかったり、さほど容姿が優れていない場合には、目減りしていく筋肉や美貌を「頼ることができない」ため、目減りしないものを探すことを早期に開始できる可能性がある。もちろん、体格が悪いこと、ブサイクであることに腐って、いじけて何もしないという人もいるだろう。過剰にプラスでも、過剰にマイナスでも、どちらも「ハンデ」として効力を発揮するということなのだろう。「誰かを愛する」ことができるかどうか。その能力の修練にとって「ハンデ」である。

しかし私は、その「ハンデ」を乗り越える人に興味がある。

……。はい。何か偉そうに書いてますが、私自身が努力します。頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ina

Author:ina
水曜の会用 文書置き場

カテゴリ
写真保管庫
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。