FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き換えたもの

ドトールに入って窓の外を見る。ゲームセンターの入り口で『アイドルマスター』のアニメが流れていた。夏の空は鮮やかで、夕暮れは暖かく、海はタヒチのように青い。木々は若々しく、道にゴミは落ちていない。アスファルトは補修の跡など一つもなく、街に工事中の区画などない。映画のセットよりもさらに統制された、印象のみを戯画化したものになる。

もし、現実の世界ではなく、このアニメの世界を基準として世界を見たらどうなるのだろうか。

製作者はおそらく、ある程度わかってやっている。『ゴッホの手紙』を読んでいると、ゴッホにしたって、「観たまま」の個人的な印象をいかに画布に移すかを腐心していたように読める。この絵具では輝く小麦の色は出せない、海の色が出せない。しかし金がないからこの絵具で我慢する。そんな記述が多数記されている。現在では評価されている画家だとしても、本人は「まだ違う」と思い続けていたように読める。

たとえばゴッホの絵であらわされたパリを基準としたら街はどう見えるのか。ゴッホの観た世界は、そのままの形で画布に顕れることはなかった。残された作品は、あくまでゴッホの観た世界の「下方の」近似値でしかなかった。だが、その近似値を基準としたらどうなるのだろうか。より一層、ゴッホの観た世界には到達できないことになりはしまいか。

アニメの文法、ゲームの文法、絵画の文法、写真の文法。「自分の眼」を持つには、それらの印象を相対化するしかない。そのためには、「製作者の眼」を想定できなければならない。しかしそれは、騙されることの拒否でもある。その覚悟を決めたとき、ディズニーランドの魔法にかかることはなくなるだろう。

何らかの理論であっても小説であっても、おそらく同じで、そこに示されたものは、製作者が世界を眺めた姿の近似値でしかない。無骨で、ざらざらした、不器用なものでしかない。たとえ巧みな言葉を用いていたとしても。

いくら情報を集めたところで、製作者が観たものに直に触れることはできない。しかしそれは、何も芸術や文芸に限ったことではない。目の前にいる人が発した言葉も同じである。表情も身振りも、その人が観る世界の近似値しか現してはいない。

目の前にいる人「そのもの」には決して到達できない。恐ろしいほどの断崖がある。そんな断崖などないと思いたいものは魔法にかかれば良い。魔法にかかる能力と引き換えに得るもの。おそらくそれが、「他者を理解しよう」という覚悟なのではないか。

本当は騙されたい。十全に理解しあえていると思いたい。幸せに騙してもらって、安穏を欲しがっている。ならば、誰かを愛するとは、その安穏を拒否することを出発点とするのだろうか。

私は何に騙されたいと欲しているのか。私には、どれだけ膜がかかっているのか。

断崖を覗くのが怖いからだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ina

Author:ina
水曜の会用 文書置き場

カテゴリ
写真保管庫
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。