スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信について

自信を持とうとか、自信が持てることを見つけるとか、そういう言葉を良く聞く。特に、就職活動が始まると、学生たちから質問されることもある。そう言われてみると、私は自分自身について「自信がない」ことに関しては良くわかるのだが、「自信がある」ことが一体何なのか、わからなくなってしまう。

たとえば、大した運動をしていない今、「400メートル全力で走れるか?」と言われたら、その「自信はない」。多分、途中で肉離れを起こす(軟弱で申し訳ない)。せいぜい、ジョギングの速度で400メートル走る程度であろう。

たとえば、しばらくやっていないロールシャッハテストを今すぐ試行しろ、と言われると、「自信がない」。あまりに久々なので、色々読み返し、練習してからやらせてほしい。

たとえば、私が足を複雑骨折して、1年間まともに歩いていなかったとする。その「病み上がり」の状態で、家から駅まで歩いて行けるか、と言われると、少々「自信が無い」と答えるのではないか。やり方はわかっている。しかし、久しぶりでやり方が思い出せなかったり、しくじる確率が高そうである場合に、私は「自信が無い」と言うらしい。

では、私が生涯で一度もやったことがない「ラクロス」について、自信があるかと言われれば、自信も何も、「やることすら考えたことがないから良くわからない」という答えになる。

ということは、私が「自信がない」と認識するためには、「以前、一度はやったことがある」ものである必要があるようだ。「一度もやったことがないもの」に関しては、「情報が少なすぎて、やってみなければ、自信がないかどうかすら判断できない」と答えるよりない(類似のものを一度はやったことがあれば、そこから想像して答えることはあるのだろうが)。

では、「自信がある」とはどういうことなのか。

特に複雑骨折をしていない今、家から駅まで歩いて行くことに関しては、「自信が無いとかそういうことすら考えていない。それはあまりに自然で、特に自慢するものでもない」。

多分、「自信がある」というのは、私にとっては、そういう感じなのだろう。

今、100人の学生を前に1時間しゃべれ、と言われても「イヤだなぁ、面倒くさいなぁ」とは思うが、特に問題なく行うだろう。それは、毎日そのくらいの人数に対して授業を行っているからである。それは、これといって自慢するものでもない。

今すぐ誰かのカウンセリングをしろ、と言われても、「まぁやるか」という感じである。これは毎日ではないものの、さすがに長くやってきたことなので、やること自体に問題は感じない。そして、それを自慢するつもりもない。仕事としているから、というのもあるが。

「自信がある」ものというのは、少なくとも私にとって、「人に自慢できるもの」とは同じではない。あまりに自然で、自分では特に自慢するようなものではないと感じていたようなこと。たとえば、私は授業で体育学部の学生を受け持つことが多いが、彼らが「運動」に関して「自慢」する様子はあまり伺えない。むしろ、運動系の学部ではない学生の方が、運動ができることを「自慢」したがる傾向はあるようだった(それがいけないと言ってるわけではない)。

自己PRを書こうとする際、人に自慢できるものを書こうとすることがあるようだった。そういうものを書かなければならないこともわかるのだが、もう少し、自然と行っていることを淡々と書いて欲しい気もする。それでは目立たない、ということであれば、まぁ、少し工夫は必要なのだろう。

「あなたは自然に出来ているが、案外他の人にはできないことらしいよ」というものは、自分ではわからないものだ。こういうものに関して、「直観」はあまりあてにならない。たいてい、うぬぼれとか、変な歪みが生じていることが多いように思う。

ならば、誰かに聞くよりほかない。しかし、誰に聞いても良いものではない。「この人は、私よりも私について良く見えている」人を見抜かなければならない。それは簡単なことではない。一日二日の付け焼き刃でどうにかなるものではない。数年、あるいは十数年かかるようなものかもしれない。それでも、自分のことなど自分ではたいして分からないし(一応、それなりに心理学を続けて来た私はそう実感する)、自分のことよりは、他者のことの方が透けて見える場合も多いので(当然、毎回わかるわけではない)、今すぐにでも、自分のことを良く見ている人を見つける努力は開始しても良いのではないか、という気はする。
スポンサーサイト

12/4(水) 水曜の会

12月の水曜の会は、

日 時:12/4(水)17:00から18:20
場 所:14−101
テーマ「ネット/ゲーム依存について」

です。

テーマタイトル的には、ネットとゲームに限定されているように見えてしまうのですが、中毒・依存症すべてに共通する根本的な話になる予定です(仕事中毒・人間中毒・ギャンブル依存・アルコール依存など)。

よろしくお願い致します。

プロフィール

ina

Author:ina
水曜の会用 文書置き場

カテゴリ
写真保管庫
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。